葬儀の際の正しい服装とは

葬儀で着用する服装は喪服です。喪服には正式喪服と略式喪服とがあります。男性の正式喪服は和装では黒羽二重染め抜き五つ紋付きに羽織袴です。袴は仙台平で帯は角帯です。下着の衿は白色かねずみ色を用います。洋装の正式喪服は黒のモーニングに黒のネクタイです。中に着るチョッキはシングルで、上着と共地のものです。ズボンは縞柄のものを履きます。しかし、モーニングは昼の正装なので、通夜にはブラックスーツを着用します。女性の正式喪服は、和装は羽二重に染抜きの五つ紋をつけた黒地が関東、関西では地紋のない縮緬が正式とされています。帯は黒襦子の丸帯、衿は白です。洋装は黒のアフタヌーンドレスか、黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルが正式喪服です。生地は艶感の無い物を選び、フリルやレース、衿元が大きくあいたデザインの物は避けます。正式喪服は喪に服する遺族が着るものです。一般の参列者は遺族より格式が軽い略式喪服を着るのがマナーです。

福岡のチャットレディワーク
チャットレディになってお金を沢山稼ぎませんか?

当高級交際倶楽部(交際クラブ)は一流の方々と出会えるデートクラブです
青山プラチナ倶楽部の会員は男性は女性なら誰もが憧れるような高収入の紳士ばかりです。女性も美と知性を兼ね備えた才媛の方ばかりとなっております。